九州アナセミのブログ!


福岡市のアナウンススクール
九州アナウンスセミナー(http://m-ship.jp/ )のブログです。
レッスンの様子やイベント、
アナウンサー受験に役立つ情報などを綴っています!

LOVE/FM日記「「田中やる気だけは...」

2019.01.19 Saturday 10:22

1/16 LOVE/FM アシスタント日記

今月のアシスタントは、西南学院大学3年の田中聡です。

今日は、須賀さん、河野さんが出演してくださいました。

 

【近況報告】

113日に鹿児島県指宿市で行われた「いぶすき菜の花

マラソン」で見事、完走しました。時間は5時間4021

でしたが、目標は完走することだったので完走することが

でき本当に嬉しかったです。そして、根性が身に

付きました。途中、足が思うように動かず歩いて

しまったのですが、一度も止まることなく走りきった

ことは自信になりました。

 

【ニュース&ウェザー】

ニュース、天気の両方を読みました。伝えたいことの前は

大きく間を取るなど間の取り方を一定にしないことは

大切だと感じました。そうしないと、聞いている人が

内容を整理しにくくなるので、間の取り方を今後

工夫していきます。

 

【雪・寒さのツボ!】

・河野さん「休校になると喜んでいたけど・・・」

河野さんの地元・愛媛県は温暖なイメージがあるけど

意外と雪が降るそうです。高校生の頃はJRで通っており、

雪が降ると電車が止まっていました。そのため、

天気情報を常に確認していた模様。ですが、父親が

同じ高校に赴任してきたので、雪が降っても父親の

車で学校に行かざるをえなかった河野さんでした。

 

・須賀さん「霜やけで得したこと」

極度の霜やけで毎年苦しんでいるという須賀さん。

ですが、霜やけになって得したこともあり、それは、

授業中に手袋をはめることが許可されたことです。

を温めた状態で勉強するというスタイルの

須賀さんでした。

 

・田中「アイスワールド」

今までで一番寒い体験をしたのが実は夏なのです。

三井グリーンランドのアイスワールドというマイナス

30度の世界が体験できる施設に入った時でした。

気温差は60度。入った瞬間、冷風が顔に当たり

「これは寒い」と14歳ながらに思いました。ですが、

若いからこそできる経験でもありました。

 

・河野さん「人生初スキー!」

大学1年生の時、鳥取県の大山スキー場で初めてスキーを

したそうです。12日目は基礎を練習して、3日目の

出来事でした。リフトに乗ると、それが一番上のコースまで

行くリフトで、基礎しか練習していない河野さんは

滑れないということもあり、地道に下りて行くという

恥ずかしい経験をしたそうです。

 

・須賀さん「北海道ならでは」

旅行で北海道大学に行ったという須賀さん。そこで、

雪道の歩き方が描いてある看板を発見し〃い領∩澗里

付けて歩く⊂さな歩幅で歩くというコツが描かれていた

そうです。そこで早速実践してみたわけですが、まさかの

こけてしまうという恥ずかしいけど貴重な経験をした

須賀さんでした。

 

【まとめ・次回への意気込み】

ニュース読みで間の取り方が一定にならないように意識する。

笑い声がノイズにならないように気を付ける。

全体的に早口なのでゆっくり話すように心がけます。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

「田中∩芦鵑糧疹覆鯑Г泙┐董ΑΑ

2019.01.12 Saturday 08:10

 

1/9 LOVE/FM アシスタント日記

今月のアシスタントは、西南学院大学3年の

田中聡です。今日は、西牟田さん、須賀さん、

手島さんが出演してくださいました。

 

【近況報告】

13日に熊本県和水町を震源地とする地震が発生しました。

僕が住んでいる大牟田市も震度4で結構揺れました。地震が

発生後から1分程して、一番初めに入ってきた情報がNHK

防災アプリからでした。また、テレビでも地震情報が

流れていました。地震を経験して改めて色んなところから

情報が入ってくるのだなと感じました。そして、災害が

起きたらすぐに情報を伝えるという各放送局の伝達力や

発信力は改めてすごいなと感じました。

 

【ニュース&ウェザー】

アルコール検査で替え玉をしていたというニュースを

読みました。ラ行とサ行の読みがぎこちない読み方に

なっていたので、発声練習をして克服します。また、

後半になるにつれて息が続かなくなるので、冒頭は

高いところから読むことを意識します。

 

【成人式のツボ!】

・西牟田さん:「前撮りの話」

前撮りは普通1人で撮るけど、双子なので2人で撮ったという

西牟田さん。ソロの写真を半分、2人で撮った写真を半分で

アルバムを作ったそうです。ですが、予算の都合上、

アルバムを1つしか買うことができず、嫁入り前には

どっちが取るのかという悩みを打ち明けてくれた

西牟田さんでした。

 

・手島さん:「振袖の話」

手島さんが着た振袖のすごいところは、親戚の女性全員が

着たことだそうです。真っ赤な生地に金色の扇子、帯まで

金色。値段はなんと100万円。その理由は、祖父が昔、

一番良いものを頂いたからだそうです。それを着て、

シャキッとした気持ちになった手島さんでした。

 

・須賀さん:「家族からのお祝いの話」

成人式には行かなかったものの、家族から祝ってもらった

須賀さん。居酒屋に連れて行ってもらい初めて家族でお酒を

飲んだそうです。そこで初めて日本酒を飲み、おいしいと

感じたそうです。しかし、飲み過ぎて立ち上がれなくなり、

家族に助けてもらったというほろ苦い経験をした須賀さんでした。

 

・田中:「2次会の話」

一番の思い出は中学校の野球部で集まったことです。一番

盛り上がったのは「実は俺、〇〇だったゲーム」でした。

「実は中3の時、〇〇ちゃんのことが好きでした。」のような

話から下ネタまで色々な話を全員が集まって話せたことは貴重な

一日だったと感じました。

 

・須賀さん:「成人して自覚が芽生えた話」

大学で一人暮らしを始めて、一人で身の回りのことをする

難しさを感じた須賀さん。毎日お弁当を作るようになり、

一人でやっていかなくてはという自覚が芽生えたそうです

 

・手島さん:「国民年金の手紙」

成人したと実感したのは、国民年金の手紙をもらった時だ

という手島さん。学生だからまだ払わなくていいという安心感は

あったものの、成人したなと自覚した瞬間だったそうです。

 

・西牟田さん:「アルバイトの選択肢が増えた話」

成人するまではアルバイトも同意書が必要で、限られていたと語る

西牟田さん。しかし、成人してアルバイトの幅も増え、見方や

考え方まで変わったという西牟田さんでした。

 

【まとめ】

今日のラジオでは、話している人のノイズにならないように

意識しました。当たり前のことのようで、意外とできて

いなかったのでそれを少し改善できたので良かったです。

あとは普段からラ行とサ行は意識して発音しようと思います。

 

追伸BY丸田〜写真中央は昨年までテレビ朝日で

弊社の派遣スタッフだった気象予報士の縣さんです。

古舘さんとのコンビネーションも良く、番組後の

懇親会で当時の様々な思い出話に花が咲きました!

10年以上にわたりお疲れさまでした

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「田中^豸逝燭ぁ。」

2019.01.05 Saturday 09:34

 

1/3 LOVE/FM アシスタント日記

今月のアシスタントは西南学院大学3年の田中聡です。

本日は、手島さん、植本さん、「今夜のツボ!」で

澤田さんが出演してくださいました。

 

【近況報告】

113日に鹿児島の指宿で人生初めてのフルマラソンに

挑戦します。今、完走するために、毎日3キロ以上走ると

いう生活をしています。そこで感じたのは、毎日継続する

ことの大切さです。マラソンは一日休むとその体力を

取り戻すのに3日かかると言われています。

そうならないために毎日継続して練習に励むなかで、

タイムを縮めることができたり、長い距離を走れるように

なったなど日々の成長を感じることができています。

本番まで残り10日ですが、冬の寒さに負けず気合いを

入れて練習します。

 

【丸田先生の本場のXmasマーケット報告!】

ドイツ、チェコのクリスマスマーケットを取材報告。

クリスマスマーケットの起源は1400年と言われており、

クリスマスのプレゼント交換は家族同士で行うそうです。

昔はスーパーマーケットなどのショップが無いため、

マーケットにってプレゼントを買うのが習慣でした。

マーケットにはキャンドルや温かい帽子、手袋、焼き菓子などが

ありました。チェコの旧市街の周りは教会が多く、どこに

カメラを向けてもインスタ映えする景色で教会の前に5

くらいの木がそびえ立っているけど、その木の上に教会の

屋根が見えて壮大な景色」だったそう。クリスマスツリーの

ネオン、ライトアップされた教会、1時間に1回鳴る鐘が

素敵でした。蜂蜜入りのホットワインとェコ伝統菓子の

「トルデルニーク」を食べ歩きながら満喫したそうです。

羨ましい。

 

 【ニュース&ウェザー】

天気概況と九州・沖縄の天気予報をお伝えしました。今回は

「晴れ」「曇り」「雨」を丁寧に読むことを意識しました。

伝えるという意識を忘れずに次回からも取り組んでいきます。

また、「平年より」の読み方や「やや」という言葉を読み飛ばす

などの細かいミスにも目を向けて次回から改善していきます。

 

【新年の過ごし方のツボ!】

地域と我が家の特徴あるお正月をそれぞれお伝えしました。

 

・植本さん

新年を迎える10分前からテレビ画面に映っている時刻を家族

全員で見ています。そして、1分前から家族全員でカウント

ダウンをして、誰が一番最初に「あけましておめでとう」を

言えるのか競争しています。今年は姉が勝ったそうです。

・手島さん

親戚15人ほどで集まって餅つきをしています。釜土でもち米を

す人、餅を丸める人、あんこ餅を作る人に分かれます。手

島さんはここ数年、餅を丸める作業をしているそうです。

しかし、ただ丸めるだけではダメで「ヒビなく、きれいに丸め」

ないと叔父にすごく怒られるそうです。餅つきの担当の

移り変わりで自分の成長を感じられた手島さんでした。

・植本さん

叔父が餅屋さんをしていることから、製造だけでなく販売まで

行うという植本家。お正月と言えば、安倍川からみたらし、

きなこなどたくさんの種類を食べているそうです。そのせいあ

ってか最近太ってきているようです。

・田中

毎年12日に、熊本県荒尾市にある「有明成田山 大勝寺」と

いう神社に行きます。お祈りは必ずするけど、おみくじは絶対に

引きません。理由は、大学受験前に大吉を引いて「学問 

安心して勉学せよ」と書いてあったにも関わらず試験に落

ちてしまったからです。それ以来、「運勢は自分次第で

どうにでもなる」と実感し、おみくじを引いていません。

・澤田さん(大阪から電話で参加)

毎年1231日は、自宅から徒歩3分にある神社に行って除夜の

鐘を聞くそうです。地元・大阪は白味噌仕立てのお雑煮で、

具材は丸餅と丸く切ったニンジンとごぼうと大根だそうです。

丸く切る理由は「全てを丸く収める」ためで縁起が良いものと

なっています。

 

【まとめ】

本日は丸田先生のリポートから始まり、それぞれの新年の

過ごし方についてお伝えしました。植本さんのお話で、

お餅を作るだけでなく、販売までしていることが印象的でした。

また、アナセミ生である澤田さんが大阪から電話で伝えて

くれました。新年1回目ですから気合いを入れました。

ですが、気持ちだけが空回りして発言が追い付いていません

でした。また、放送を改めて聴いて「一言多い」自分に

気付きました。自分だけでなく、皆で話を盛り上げていくと

いう姿勢を大切にして次回から挽回していきます。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

「池田 成長、自信」

2018.12.28 Friday 22:38

12/26 LOVE/FM アシスタント日記
今月のアシスタントは西南学院大学3年の池田詩菜です。
本日は、西牟田さん、手島さん、佐々木さん、

リポートで西ノ首さんが出演してくださいました。
そして、丸田先生がドイツへ行っている為、

本日のパーソナリティはピンチヒッターで

福田なつきさんが務めて下さいました!

【近況報告】
昨日までクリスマスだったのにすっかりと年末の雰囲気に一変

しましたね。私年末のこの雰囲気がとても大好きです。
と、いいますのも、この時期忘年会のお誘いがたくさんあります。

大学で県外へ行ってしまった友人の帰省や普段会えない

懐かしい友人達と会えると思うと心がワクワクします。

そんな方々と会う約束をする度に自分も大人になったなぁと

感じることができ、お酒を酌み交わす価値を見出せます。

飲み過ぎには注意します。

【アナセミリポート!】
西ノ首さんが、主婦の方々にアンケートを取って年末使える

「100円ショップの大掃除グッズ」を紹介してくれました。
1つ目は「油汚れクリーナー」粉状のもの、スプレー、

ウエットティッシュタイプと様々な油汚れを落とすグッズがあり、

どれもキッチンがピカピカになるそうです。
2つ目は「重曹」スプレーで吹きかけるだけでカビが取れるそうで、

尚且つ脱臭効果もあるそうです。
3つ目は「クエン酸」タバコの煙でつくヤニ汚れを取ってくれる他、

少し酸が弱いこのクエン酸に重曹をミックスすれば家中の

あらゆる油やカビ汚れを落とせるそうです。
重曹の万能さと、100円ショップで少し工夫すればこんなにも

お掃除グッズが作れるんだと驚きました。主婦の方の知恵と経験は

素晴らしい財産ですね。みんなに役立つ情報を集めリポートして

くださった西ノ首さんに感謝です!

【ニュース&ウェザー】
天気概況をお伝えしました。久々に読んだのですが、天気概況は

感情の入れどころがない為どこで間を取るか、同じ「北の風」でも

空で吹いている風と海の上で吹いている風のどちらなのか区別をし

意識しながら読みました。「やや曇り」といった母音が続く単語が

苦手なので、母音だけを出して読むトレーニングをして、し

っかりと母音を出せるようにします。

【私の今年の2大ニュース】
世間のニュースで、自分に関わったニュースで今年1番

気になった最大のニュースをそれぞれお伝えしました。

〈世間編〉
池田「W杯日本代表選手」
今年日本時間7月2日に行われたベスト16の「日本対ベルギー」の

試合が印象的でした。FIFAランク61位の日本が同ランク3位の

強豪ベルギーに対して互角の対戦をしましたよね。惜しくも敗戦

しましたが、MFの柴崎選手からの華麗なパスで原口選手が

先制ゴールを決めた瞬間のいつもと違う雰囲気と熱気の

日本代表選手達を今でも鮮明に覚えています。

感動をありがとう日本代表!

手島さん「スーパーボランティア」
山口県周防大島町で行方不明となっていた2歳男児を発見し、

大きな注目を集めたスーパーボランティア・尾畠春夫さん。

れもすごいですが、手島さんはこの「スーパーボランティア」と

いう言葉が流行語大賞のトップ10に入ったのに尾畠さんが

「スーパーではない」という理由で辞退したいことに感銘を

受けたそうです。当たり前のことと行動できる尾畠さんに

人として尊敬しますね。


西牟田さん「災」
今年の漢字として選ばれた「災」。西牟田さん自身も

西日本豪雨で帰宅難民になったという「災い」を受けたそうです。

通常福岡から西牟田さんの住んでいる佐賀県まで2時間程度の

帰宅時間が3倍の長さの6時間まで延びたそうです。まさに自分にも

関わった「災い」ですね。西日本豪雨の被害の大きさを痛感します。


佐々木さん「神社の福娘」
年末、お正月の三が日を中心に企業に福や鈴を与え回る福娘を

今年の1年間やり遂げたそうです。笑顔を与える方なのに逆に

皆さんから笑顔を頂いた佐々木さんは「笑顔の伝染」と表していました。

福娘は地域貢献や、笑顔が素敵な佐々木さんの長所をきっかけに

始めたそうです。佐々木さんの喋り方のおしとやかさや笑顔は

まさに福娘だなと感じました。

【まとめ】
本日はアナセミOBの福田なつきさんがパーソナリティをして頂いて

いつも違う雰囲気が新鮮でとても楽しかったです。

福田さんの話し方の美味さや、声の綺麗さに終始感動していました。


又、12月のアシスタントもあっという間に最終回を迎えました。

第1週目の初回は原稿を持つ手も震えるほど緊張して反省だらけ

でしたが、回を増すごとにとても自然体に自分の素を出すことのできた

ラジオを放送できました。達成感と自信に繋がり、とても貴重な経験が

できました。この成長を今後の糧に頑張ります。

1ヶ月間ラジオを聞いてくださりありがとうございました。


 

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

「池田2困笋な落ち着きのある3回目」

2018.12.28 Friday 22:33

 

12/19 LOVE/FM アシスタント日記
今月のアシスタントは西南学院大学3年の池田詩菜です。
本日は、西牟田さん、手島さん、松崎さんが出演して
くださいました。

【近況報告】
今朝久しぶりの早起きで6時半に起きました。外はまだ
真っ暗でしたが、家を出るときは日の出の時刻でした。
空を見上げると青色とオレンジ色のグラデーションが綺麗で、
空気も澄んでいました。
早起きが苦手な私の沈んだグレーのような色の心も空の
グラデーションのようにぱぁっと明るくなりました。
空のエネルギーの偉大さに感謝です。

【日本語のツボ!】
今夜は「古希」について。60歳の「還暦」と同様に
70歳という意味のこの言葉。1000年前中国の詩人、
曲江が作ったもので「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」
(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)
七十年生きる人は古くから稀である)に由来するそうです。
確かに今は寿命が延びましたが1000年前にとって70歳まで
生きるということは凄いことです。ちなみに1939年、歴代連勝記録を
作っている大相撲の双葉山の連勝が69で途絶えました。
当時ラジオ実況をしていた和田信賢アナウンサーが
「やはり七十古来稀なり」という名言を残したそうです。中継という
台本のない世界で、まさか双葉山が敗れると思っていない
想定外な状況の中でスッとこの機転が利く言葉を発した
和田アナウンサーの語彙力の豊富さに脱帽です。

【ニュース&ウェザー】

羽田空港に新しくできた商業施設についてのニュースを読みました。
原稿に句読点が付いたところで切って読んでいると先生から
「それは記者の打った句読点で、正しいものではないから、
意味ごとに考えて自分で句読点を打って読んで」とご指摘が
ありました。原稿を読むだけじゃなくて、内容を自分に落とし込む
作業を怠らず次回から気を付けたいです。ちなみに、羽田空港では
ライブ演奏のあるレストランや
フィットネスジムがあるそうで。
空港を新たなエンター
テイメントとしている今、地方の空港も
活性化のチャンスが広がりそうです。

【クリスマスのツボ!】
「西牟田さん」幼稚園に来たサンタさん
西牟田さんが4歳の時幼稚園にサンタさんがやってきたそうです。
バターケーキをプレゼントしてくれて、握手もしてもらった
そうですが、その温もりに感動し手が洗えなかったそうです。
憧れのサンタさんと出会った幼い西牟田さんの喜びが想像できます。

「手島さん」イメージとは違う…?
幼い頃のクリスマスイブ、鈴の音共に部屋にサンタさんが入って
きて喋る犬のぬいぐるみをプレゼントしてくれたそうです。
サンタさんはふっくらしてて大きいイメージを想像してたのに、
実際は細身のサンタさんが来たそうです。新人サンタさん
だったのかもしれませんね。

「松崎さん」山積みサンタ
小学四年生のクリスマスイブ、例年はサンタさんからのプレゼントを
探していた松崎さんですが、この年は玄関に山積みになった
5つのプレゼントが置かれていたそうです。どうやらサンタさんが
ご両親の分も持ってきてくれたそう。サンタさんの素敵な
心意気に感動ですね。

「池田」我が家のツリー
私は現在のお話。例年通り先月ツリーを出しました。
7年前に購入したホワイトツリーで青色を基調とした飾りを
つける少し洒落ているのが魅力の我が家のツリー。
しかし今年出すと少し褐色がかっていました。
7年前の写真を見返すと当時は純白の白色。12月以外は日光の
当たる倉庫にしまっているのでそれで色焦ってしまいました。
7年間も我が家のツリーとしてお付き合いしてくれて
いるんだと感慨深くなりました。

「松崎さん Part2」20年間大好きなサンタさん
松崎さんの現在の思い出。一歳の時、お父さんにメロディーに
合わせて踊るサンタさんの人形を買ってもらったそうです。
20年たった今までずっと大好きな人形だそうで、何故この人形を
買ったのかお父さんに聞くと「昔、(松崎さんが)このサンタの
踊りの真似をしていたのが可愛くて買ったんだよ」と
言われたらしいです。なんとも微笑ましいエピソードです。

【まとめ】
周りのイルミネーションの風景の中、クリスマスソングをお届け
しながらクリスマスの思い出話を語った今回のラジオ。とても
雰囲気が良くてワクワクした気分でラジオをお届けでき、これも
新たなクリスマスの思い出になりました。又、このように
自分の周りを見てラジオを楽しむ余裕ができた事にも少し驚きました。
初回に比べて少し進歩を今回は感じられました。それでも!油断は
禁物なので次回最後のアシスタントも気を引き締めて頑張ります!
よろしくお願いします。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「池田1、2年生達との楽しいラジオ!」

2018.12.13 Thursday 10:25

 

12/12 LOVE/FM アシスタント日記
今月のアシスタントは西南学院大学3年の池田詩菜です。
本日は、福岡女学院大学の栗原さん、大塚さん、尾方さん、
山田さん、王さんが出演してくださいました。

【近況報告】
とある民放放送局のインターンに参加させて頂いた時のお話です。
担当してくださったアナウンサーの方にアナウンサーを目指す
きっかけを聞かれました。専ら野球オタクの私はそれがきっかけで
目指すようになったので、野球の守備、配球、投手打者の
駆け引きの面白さを熱弁しました。すると、そのアナウンサーの
方をはじめ周りの学生の皆さんが「すごいね、女の子でそんなに
知っている子初めて見たよ」と大変驚かれました。この知識と
熱量が一種の武器になるという事を再認識させられました。

【福岡女学院スペシャル!】
本日は福岡女学院大学の1年生4名と2年生1名の方々が
出演して頂いた福岡女学院スペシャル。皆さんの紹介を致します。
〈栗原さん〉
今回唯一の2年生の栗原さん。弟さんが野球をしていて、且つ
栗原さん本人もホークスの大ファンだそうです。日本シリーズの
際は八女市のご両親と電話で一緒に応援し、とても盛り上がったそう。
〈大塚さん〉
熊本県出身の大塚さんは熊本県の濃厚なラーメンが大好きだそうです。
とんこつラーメンよりも熊本ラーメンが大好きで、選べないくらい
美味しいラーメン屋さんが熊本県には沢山あるそうです。
〈尾方さん〉
どんな高級なケーキ屋よりもコンビニで売っている「なめらかプリン」
が大好きな尾形さん。上品な味わいで舌がとろけてしまう程美味しいと
ホームページに書いてあるそうです(笑)
〈山田さん〉
髪色を変えることが大好きで、先日まで青色に染めていたそうです。
メイクやファッションも髪色を中心に似合うものにしているそうです。
〈王さん〉
中国広東省出身で2年前から日本にやって来た王さん。驚くほど
日本語が上手で、KPOPの「GOT7」の大ファンだそうです。

【ニュース&ウェザー】
今年の漢字が災害の「災」に決まったというニュースを読みました。
決まった理由大きく2つあったのでどこで区切るか、どこで間を
大きく取るかを注意して読みました。
比較的前回よりも落ち着いて読めたと思います。

【鍋のツボ!】
「池田」一人鍋?
料理がすごく苦手な私ですが鍋だけは唯一作れる料理?です。
鍋といっても水に鶏肉、豆腐、ねぎ、白菜を入れて茹で、ポン酢に
つけるだけなのですが、ヘルシーで簡単なのでこの時期毎日
飽きずに食べ続けています。

「栗原さん」しし鍋
郷土料理で、いのししのお肉を使ったお鍋。
昔近所の猟師さんが狩ってきてくれたいのししのお肉を使って
食べた味にハマったそうです。醤油ベースで3、4時間煮込んだ
しし鍋は味が染みてとても美味しいらしいです。
どんな味かとても気になりますね。

「大塚さん」だご汁
熊本県のお母さんが作るだご汁が大好きだそうです。大塚さん宅は
味噌ベースに南関揚げ入りのだご汁だそうで、一人暮らしの
大塚さんにとっては実家の味が恋しいそうです。
だご汁は九州名物の郷土料理。九州の自慢の一品ですよね。

「尾方さん」おでん
冬に必ず食べるおでんで愛してやまない具材が「牛すじ」の尾方さん。
味が染みていて柔らかく幾らでも食べられ、自宅で20本作った
牛すじのうち10本以上は尾方さんが食べてしまうそうです。
半分以上食べてしまう尾方さん…!ご家族皆さんびっくりでしょうね。

「山田さん」タッカマリン
韓国の料理で鳥丸々一羽入ってるそうです。あっさりしていて
食べ応えもあり、山田さんのアルバイト先にもこのタッカマリンが
あるようです。山田さんのオススメは韓国のお酒チャミスルと
一緒食べることだそうです。私個人的には、鶏肉もお酒も
大好きなので是非食べてみたいなと思いました。

「王さん」牛肉しゃぶしゃぶ
牛肉スープに牛肉をしゃぶしゃぶして、ご家族みなさんで食べ疲れを
癒していたそうです。辛くなくて、牛肉スープなので低脂肪、
更に体温も温まる寒い冬にぴったりなお鍋。

【まとめ】
本日は3年生が私1人だけのラジオでした。1人で不安で、慌ただしい
場面が何度かありましたが、優しい女学院の1年生、2年生の方々が
笑って盛り上げてくださり私が先輩なのに逆に助けられました。
とても自然体で楽しくラジオを放送することが出来ました。
来週はもっと落ち着いて頑張りますのでよろしくお願い致します。
写真は福岡女学院スペシャルということで、女学院の「J」ポーズ♪
FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「「池田 緊張の1回目!」

2018.12.09 Sunday 08:23

12月5日 LOVE/FM アシスタント日記
今月のアシスタントは西南学院大学3年の池田詩菜です。

須賀さん、佐々木さん、間世田さんが出演して

くださいました。

【近況報告】
私、明日(12/5時点)自動車免許試験場で普通自動車免許取得の

ための最後の筆記試験があります。明日合格すれば念願の自動車の

免許が取得できるため、今日のお昼に大学で標識を覚えたりなど

たくさん勉強をしました。沢山勉強したせいか大学のいつもの帰り道、

普段は意識していなかった標識がやたらと目に飛び込んできました。

少し意識を変えるだけで見慣れた風景も違ったものになるという

面白さを感じました。

【アナセミOBリポート!】
元アナセミ生で現在糸島市教育委員会文化課で働いていらっしゃる

大園さんが先月11月25日に糸島市で開催された「第1回伊都国俳句大会」に

ついてリポートしてくださいました。大園さんも絶賛していた特選作品は、

「農耕を 糧に銀河の 下に住む」。糸島の自然の大きさと銀河が作者を

見つめ生きる力を与えてくださっているという叙情的要素も含まれたという

この作品。実は私も7年間糸島市に住んでいるのですが、星空はまさに

糸島の宝というほど、美しくエネルギーを貰っています。糸島の風景を

思い浮かばしてくれる素敵な作品だなと思いました。

【ニュース&ウェザー】
ユニバーサルスタジオジャパンの新たなアトラクションについて
読みました。

題材的にももう少し明るく元気に読めたら良かったなと思いました。

又、「来年の春にオープンすることになりました。」というこの文の

「オープン」という単語のアクセントに苦戦しました。英語読みの

ように「オウプン」と読めたらいいのですが、どうしても尻上がりに

読んでしまい、私の悪い癖が出てしまいました。何度も読んで

練習して正確なアクセントを覚えようと思います。

【テーマパーク・遊園地のツボ!】
「佐々木さん」 ディズニーランドでの後悔
小さい頃からディズニーキャラクターであるシンデレラに憧れていた

佐々木さん。中学生のときにディズニーランドに訪れお母さんと妹、

お父さんと佐々木さんと別行動していた際、目の前を憧れの

シンデレラが通ったそう。お父さんに「時間がない」と言われ

そのままその場を立ち去ったが、後で妹と合流した時に妹から

シンデレラとのツーショットを見せられたそうで、お父さんを

説得できなかった自分に後悔したそうです。その他のキャラクターなら

まだしも、シンデレラは憧れの存在だったからこそ更に後悔の

思いが強まりますね。

「間世田さん」  ユニバでのシングルライド
平日に友人とユニバに行ったが殆ど1、2時間待ち。
しかし船に乗って探検をする乗り物を1人で乗るシングルライドなら、

5分待ち。1人で乗った間世田さんでしたが真顔でずっと乗っていた

そうです。友達と一緒に乗っていたら楽しさ倍増、時間は半分で乗れるが、

その分楽しさも半減するなと実感したそうです。
たしかに、アトラクションはただ乗るだけでなく、友達とキャーキャー

言いながら楽しさを分かち合うのも良さの1つですよね。

「須賀さん」  縄跳びにハマって…!?
須賀さんの行った遊園地で縄跳びの乗り物がありそこで縄跳びの

楽しさを実感した須賀さんはその後縄跳びに大ハマり。プロ並みの

縄跳びの技術を習得した須賀さんですが、縄跳びのしすぎで腰を痛めた

そうです!私も1つの事に熱中してしまうととことん熱中してしまう

タイプなので、須賀さんの気持ちはよく分かります。腰を痛めて

しまうというオチでしたが、プロ並みまでとことん技術を磨いた

須賀さんはかっこいいなと思いました。

「池田」迷子体験
小学低学年の頃に住んでいた広島県の遊園地「みろくの里」に家族で

行った時、私はそこのマスコットキャラクターの着ぐるみに遭遇し

ずっと追いかけていたら迷子なってしまいました。1時間後には

無事に家族と再会できましたが、もう一生家に帰れないのでは

ないかと幼いながらに思ってしまい、どんなアトラクションよりも

怖い思いをしました。

【まとめ】
アシスタントという立場で出演することの大変さを幾つか実感しました。

その場を率先して盛り上げ、みんなを引っ張ってラジオの雰囲気を良く

することが本当に難しかったです。先生は笑顔で喋れたとおっしゃって

いましたが、実際は緊張と不安で心から笑えていませんでした。

この反省を活かして来週はもっと周りをよく見て、余裕をもって

ラジオを放送したいです!あとはもっと元気に。頑張ります!
来週もよろしくお願いします!

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「手島➃一段ずつ登れました!」

2018.12.01 Saturday 10:10

11月28日LOVE/FMアシスタント日記

 

今月のアシスタントは西南学院大学3年手島奈菜子です。

今日は、河野さん、西牟田さん、田中くんが出演して

下さいました。

 

【近況報告】 

私、喉を枯らすことが夢でした。と言いますのも、

私はなかなか喉が枯れないんです。体育祭で大きな声を

出しても枯れないので、頑張っていると思われにくいんです。

しかし、今回この夢を覆す出来事が起こりました。

月曜日の朝起きると、喉がイガイガしていたんです。

いつもの私ならやった!と思うはずですが、

今回はやばい!と思いました。なぜなら、ラジオがあるからです。

ラジオに出るのに喉の調子が優れないのは嫌だと思い、

朝一でのど飴を買い、蜂蜜を舐め、加湿器もたいて寝ました。

若干喉に違和感はありますが、イガイガはとれました。

アナウンサーになる以上、この夢は叶えてはいけないと思いました。

 

【日本語のツボ!】

「たわけ者」

人を罵ったりする言葉だそうです。

江戸時代、代々農業を引き継いでいかないといけない中、

何人にも田んぼを分けると一人の面積が小さくなってしまいます。

孫にまでなるととうとう無くなってしまい、農業が続けられなくなる。

田分けは愚か者がすることであり、そこから田分け者という

言葉が広まったということです。

 

【ニュース&ウェザー】

4回の中で1番いいニュース読みができたと思います。練習の際に、

先生からニュースの意味を理解しているか指摘され、それから意味を

もう一度考え直し、本番読めたことが成功に繋がったと思います。

やはり、ニュースはただ読むだけでなく、理解した上で読まないと

相手には伝わらないことを痛感しました。

 

【ダンスのツボ!】

「手島」

私、ダンスは大の苦手です。

高校時代、定期演奏会のミュージカルのオーディションがありました。

それはミュージカルの先生の前で、意欲に関係なく、全員必ず

受けなければならないものです。その時のテーマは「鶴」で、

10秒程の振り付けをその場で覚えて、披露するものなのです。

私はそれが全くできなくて、オーディションに受かりたい気持ちも

なかったので、手を翼に見立ててバサバサと動かし、

くるくる回っていました。すると、先生も思わず笑ってしまい

「あなたは逆に才能がある」と言われました。オーディション

受かったかなと思ってましたが、受かっていませんでした。

 

「田中」

1番記憶に残っているダンス。体育祭での好きな先輩の

踊るダンス!曲のポニーテールとシュシュの中に「恋のしっぽは

捕まえられない」という歌詞があるそうです。

体育祭が終わった後、先輩に始めて喋りかけたが、まさかの

彼氏がいたことを知り「恋のしっぽは捕まえられない」と

思ったそうです。甘酸っぱい思い出ですね!

 

「河野さん」

転校先で初めて迎えた体育祭。いつも、お父さんが

撮られたビデオを親戚に見せるそうです。撮られているのは

分かっていたらしくキラキラの笑顔で踊った矢先、帰って

ビデオを見るとまさかの友達だった!お父さんは

シルエットを見て娘と思ったんだとか。ビデオには

残っていなくても、キラキラの笑顔で踊ったことが

素晴らしいです!

 

「西牟田さん」

フラダンスで被災地を訪問したお話。被災地の為に

何かしたいと思い、福島で開催された「フラダンス甲子園」

に出たそうです。短い練習時間だったため、ダメダメな

ダンスだったそうですが、一生懸命踊っている姿が伝わり、

被災地の方が喜んで下さり、涙まで流してくれたそうです。

自分が頑張ることで人に勇気や元気を与えられることは

素晴らしいことですよね。

 

【まとめ】

4回のラジオを通して、毎回本当に勉強させて頂きました。

反省点を次に活かしたり、改善策を考え次に臨めたので

その点は自分でも良かったかなと思います。

また、生放送では自分の強み、弱みがすごく出ます。

それもこのラジオを通して学ぶことができ、自分を

成長させることができたと思います。

リスナーの方、先生、出演メンバーに支えられて

アシスタントを終えることができました。皆様には

本当に感謝しています。この経験を次に活かし、

継続し、精進していけるよう頑張るので今後とも

宜しくお願い致します!

一ヶ月間ありがとうございました。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「手島あいづち」

2018.11.29 Thursday 09:29

11月21日LOVE/FMアシスタント日記
今月のアシスタントは西南学院大学3年

手島奈菜子です。
今日は、河野さん、塩川さん、西ノ首さん、

田中くんが出演して下さいました。

【近況報告】
台湾一人旅無事に終わりました!
台湾の方の優しさに支えられた旅になりました。

地下街から始めて地上に出た際、街中を走る

バイクの数に圧倒されまして、1人でくるんではなかった、

今すぐ帰りたいという気持ちになりました。

しかし、私の気持ちとは逆で台湾の方はすごく親切でした。

3日間でトータル30人ほどの方に道を尋ねたのですが、

ある方は持っていたペンで地図に道筋を書いて

くださったりととても親切でした。
皆さんに共通していたのが、笑顔です。感謝の気持ちを

伝えてると皆さん笑顔で見送って下さり、私に安心感を

与えてくれました。たくさんの方に支えられて

大成功に終わった一人旅でした。

【リポート】
河野さん「乾燥予防について」
冬の季節、空気の乾燥に悩まされますよね。その乾燥が

健康にも影響を及ぼすそうです。乾燥で肌のバリア機能が

低下して、どうしても外部からの刺激を受けやすいんだとか。
それを防止する道具「加湿器」!
種類は大きく分けて4種類あり、.好繊璽犒伸機加湿型

D恐伺伴扱伸ぅ魯ぅ屮螢奪票扱燭箸いΔ里あるそうです。
,離好繊璽犒燭楼貳岼貳姪なもので蒸気を出すもの。一番

威力が強いんだそうです!超音波型はペットボトルにさしたり、

USBに繋ぐタイプのもの。ぅ魯ぅ屮螢奪彪燭魯好繊璽犒燭

機加湿型の2つを合わせたもの。加湿型にもら色々な種類が

あることを知りました。値段もお手軽だということなので、

それぞれを使い分けて、しっかり対策していきたいですね!

私も眠っている加湿器を出して、乾燥予防に努めようと思いました。
河野さん、ありがとうございました。

【ニュース&ウェザー】
後で聞いてみて思ったのですが、柔らかいニュースを真剣に

読みすぎてしまったかなと感じました。内容的に明るいニュース

でしたので、もう少し高いトーンで読めたらよかったと思います。
また、ニュースの中に「ヘルメット」という言葉が入って

いたのですが、辞書を引いて頭高で読むんだと勉強になりました。

【ゲームのツボ!】
「田中くん」
初めてやったゲームがポケットモンスタールビーサファイア。
電気ポケモンと地上ポケモンがいて、電気ポケモンの攻撃は

地上ポケモンに全く効かないそうです。それから、雷は地面に

効かないんだということが分かり、後々授業で勉強し、

ポケモンはすごい!と思ったそうです。

「西ノ首さん」
家の決まりでゲームが一切できず、大学生になって初めて

ゲームをしたそうです。マリオカートをすることになったが、

コントローラーの使い方が分からないため、反対向きに

走ったり、戻した方も分からず、友人から爆笑されて

しまったそうです!私もそういうタイプなので、

すごく気持ちが分かります。

「手島」
アメリカでのマリオカート。
15時間かけてやっと着いたホストファミリーの家。やっと

寝れると思った矢先、友人を招いてのマリオカートパーティーが

始まりました。私はなんでこんなきつい状況でしないと

いけないんだろうと思っていました。しかし、それが普通の

テレビゲームではなく、壁一面に映し出されるスクリーン

タイプでテンションが上がってしまいました!

音にも迫力があり、人生で一番楽しいマリオカートでした。

「河野さん」
お菓子をかけての人生ゲーム!
子供は燃えますよね!いつも以上にルーレットを慎重に回し、

手をしれっと当ててみたり。お父さんは自分の同じ職業に

ならないために必死だったそうです。
河野さん家族の楽しそうな様子が目に浮かびました。

【まとめ】
今日は2回目の反省をしっかりして、改善策を見つけて

ラジオに臨みました。「気楽に自分らしく」という改善策

だったのですが、見事的中して、落ち着いて頑張ることが

出来ました。しかし、やっぱり「あいずち」が気になります。

最終回少しでも成長できるといいです。
来週が最後でとても寂しいですが、ラスト楽しみたいです。
宜しくお願いします!



 

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「手島➁1回目よりドキドキ!?」

2018.11.16 Friday 22:32

11月14日LOVE/FMアシスタント日記
今月のアシスタントは西南学院大学3年
手島奈菜子です。今日は、
瀬尾さん、

西牟田さん、池田さんが出演して下さいました。


【近況報告】
私は一人で飲食店に入って食事をすることができません。
しかし!「明日から台湾に一人旅に行ってきます!」と

いうお話をしました。なぜ、台湾かと言いますと、

学祭期間で講義がないため、2泊3日くらいで行けて、

かつ、治安のいい場所ということで選びました。
一度、短期留学で海外には足を運んだことはありますが、

一人で行くのは初めてです。無計画ですが、

自分の力でどこまで行けるのか、頑張ってきます!

【日本語のツボ!】
「灯台下暗し」についてでした。
恥かしながら私はこの言葉を知らなかった上に、

大学の東大だと思ったという発言をしてしまいました。
しかし、この事で自分の課題が改善できそうな気がしました。
タイムフリー機能を使って聞いてみると、「え!違うんですか?」

「あ!わかりました!」という言葉が本当に自分の気持ちから出た

言葉だったため、高いトーンで切り返せていたことに気がつきました。

私の課題は「あいずちを自分の思っているよりオーバーにする」と

いう事でした。真面目に、綺麗事を言わないとという気持ちを

持つのではなく、素の自分でいることで会話に繋がる

「あいずち」が出来るのではないかと気がつきました。
この日本語のツボのおかげで「灯台下暗し」の灯台とは

岬の灯台ではなく、行灯のこと。意味は人は身近なものには

案外気づかないという意味で、一生忘れられない言葉に

なりましたし、課題の解決にも繋がりました。

【ニュース&ウェザー】
今日のニュース読みは高低差が上手くつけられて

いませんでした。言葉の波が何度もあり、聞いていて

とても聞きにくいという印象を受けました。

各地のお天気の「明け方まで曇りでしょう」の曇りを立てて

しまったことや、「霧」のアクセントを間違ってしまったこと、

反省が多々あるので、今後繰り返さないように練習します。
読む前にしっかりリラックスして、自分の言葉で読む、

伝えるという意識ができればこのようなミスは減るのでは

ないかと思います。

【橋のツボ!】
「手島」遊具の橋。長さ10m、幅は大人一人が通れるくらい、

高さは20mほどです。足元は薄い板をロープで結んでいるため、

歩くだけで「ミシミシ」と揺れます。
小学生の頃、妹とよく遊びに行っていました。妹はヤンチャ、

私は怖がりです。妹は橋の上で元気よく飛び跳ねるんですけど、

その振動がもろに伝わってきて正直私は怖かったです。

しかし、姉の維持で怖くないふりをしていました。今年、

小学生のいとこと橋を渡ったのですが、やっぱり怖かったです。

月日は経っても恐怖心は消えていませんでした。

「池田さん」2つの気持ちが味わえる橋。
通っていた塾の前に3m程の川にかかっている橋があったそうです。
池田さんは毎回その橋を渡ると塾があるという気持ちですごく嫌で、

渡らずに帰るか、いつも葛藤していたそうです。結局、いつも

その橋を渡り塾へ。平日の250回往復をし、帰りは

やってやった、ちゃんと行ったという達成感を味わっていたそうです。
橋がその気持ちを気づかせてくれたんですね。その気持ちに

気がつけた池田さんも素敵だと思いました。

「瀬尾さん」おかのしょうの橋。
学生の頃、ツアーコンダクターをされていたそうで、その際に

色々な橋に行かれたそうです。20人乗りのバスがやっと通れるほどの

険しい道を越えて、その橋と景色に辿り着ける。
今は落葉しているらしいですが、紅葉もおすすめだそうです。
そのシーズンに是非行きたいですね!

「西牟田さん」橋のおかげで体力がついた!
久留米高専の前の小森野橋。長さが368.4m、幅は8.8mの

筑後川にかかる大きな橋。毎日自転車で通っていたそうで、

風との戦いだったそうです。平野のため風が集まり、漕ぐたびに

風の抵抗を受けて、結構きついんだとか。西牟田さんはその橋を

渡り終えて「徒競走で1位を取ったかのような達成感」を

毎日味わっていたそうです!最初は全部漕ぎきれず、

自転車を押すこともあったそうですが、いつのまにか最後まで

漕ぎきれていて、体力がついたことに気がついたそうです!


【まとめ】
2回目のアシスタント。1回目より緊張して、30分間ソワソワ

している自分と戦っていました。先生は緊張の理由を

「周りが見えてきたから」とおっしゃってくださいましたが、

本当にそうだったのか実感できません。
最初に掲げた目標の「気楽な気持ちをもつ」という事を

緊張した時に自分に言い聞かせて自分らしく頑張りたいと

思いました。今回のラジオは自分の弱みが多く発

見できたので、それだけでもいい経験になりました。
しっかりと振り返って、次につなげます!
来週もよろしくお願い致します!

FMラジオ日記 | - | - | - | - |