九州アナセミのブログ!


福岡市のアナウンススクール
九州アナウンスセミナー(http://m-ship.jp/ )のブログです。
レッスンの様子やイベント、
アナウンサー受験に役立つ情報などを綴っています!

LOVE/FM日記「脇田自然な相槌を探す。」

2019.06.21 Friday 13:04
2019年6月19日
LOVE FM「話のツボ!」アシスタント日記
熊本県立大学3年 脇田朱梨です。
6月第3週目、3回目の放送でした。今回は手島さん、
川本さん、大津さんが出演してくださいました。
〈近況報告〉
先週の土曜日に久々にナイトダイビングを
してきました!というのも私はダイビング部に
所属しています。ナイトダイビングというのは、
日が沈んでからスキューバダイビングをすることです。
水中ライトが照らされている場所以外は真っ暗で
それがワクワクして楽しいです。海底近くを泳いで
いると30cmくらいのカニがハサミを使って何かを
食べていました!カニが何かを食べている様子を
こんな間近でみたのは初めてだったのでびっくり
しました。また、フグがそこら中に寝ていて、
触っても起きません。昼間とは違う海の中が
見れるのはナイトダイビングの魅力ですね。
また、ダイビングの魅力をお伝えしたいです!
〈日本語のツボ!〉
NHK出版「国語力トレーニング」より2問出題。
/べる
「食べる」の謙譲語はどれでしょうという問題。
⑴召し上がる、⑵いただく、⑶お食べになるの
三つのうち、謙譲語は⑵いただくです。こちらの
問題正解しました!
肩を〜
次の文で誤っているものはどれでしょう。
⑴「肩を貸す」、⑵「肩を落とす」、⑶「肩をひく」。
誤っているものは、⑶「肩をひく」です。こちらも
正解しました!「肩を貸す」は手助けすること、
「肩を落とす」は落胆するという意味です。
これからも正しい日本語を使えるように
勉強を頑張りたいと思います。
〈朗読のツボ!〉
6月19日は「ろう⑹ど(10)く⑼」の語呂合わせから
「朗読の日」です。
〇脇田
中学生の時、職業体験で保育園に行きました。
そこで、子どもたちに向けて読み聞かせをする
機会がありました。私は今まで読み聞かせを
したことがなかったので絵本に書いてある文を
読み上げるだけでした。私が終わったあとに
保育園の先生が違う本を読み聞かせしたのですが、
登場人物になりきって声色を変えたり、
強弱をつけたりしていて、さすがだなと思いました。
子どもたちも楽しそうに聞いている様子でした。
職業体験が終わった後何回か保育園にお邪魔した際、
読み聞かせをする機会があって、その時は少し
声色や強弱に気を付けました。すると、こどもたちも
楽しそうにしてくれて嬉しかったです。同じ文でも
伝え方で受け取り方が変わることを実感しました。

〇大津さん
高校の卒業式で答辞を読んだ大津さん。答辞を読む
練習の場所は家で、お母様に聞いてもらって
アドバイスをもらいながら練習していたそうです。
しかし、実は先生から「保護者の方には当日の
お楽しみだから家で練習はだめだよ。」と言われて
いました。当日喜んでもらえるか不安でしたが、
「良かったよ〜!」と保護者の方にも先生方にも
言ってもらえたそうです。先生との約束は
ともあれ、喜んでもらえて何よりでした!

〇川本さん
中学校の国語の授業が怖かった川本さん。
なぜかと言うと、教科書の一文読みを回す際に
先生がクオーテーションマークの付いている文に
厳しかったそうです。中学校の時期は感情を出すのが
恥ずかしい年ごろで、セリフにあたるのが怖かった
そう。「走れ、メロス」の「あきれた王だ!」という
セリフが劇の指導のようで、感情をこめないと
なかなか進まなかったことを覚えているといいます。
今では、以前と違って楽しく、
できるようになっています!

〇手島さん
大学の部活動の納会の司会を務めた手島さん。
3回ほど経験して、最初はマニュアル通り読めば
いいやと思っていたそうです。しかし、せっかく
アナセミに通っているのに、マニュアル通りに
読み続けるわけにはいかない!と思い、文章の
意味を考えてスラッシュを入れたり、声のトーンを
変えたり気を配りました。そうすると監督や
同級生から「良く伝わってきたよ。かまなかったね。」
とお褒めの言葉を頂きました。アナセミの成果が
出た瞬間、うれしいですね!

人前でお話する機会は皆さん経験があって、そういう
積み重ねでマイクの前に座っているかもしれません。
先生も小学校6年の時クラスの学級委員の作文を
イベントで代読する機会があったそうです。
代読でしたが大きな拍手を頂いたそうで、
人前で読む気持ちってこんな感じなんだなと
思ったそうです。
〈終わりに〉
折り返しの3回目の放送は、2回目の反省を生かして
「緊張する!」ではなく、「楽しみ!ワクワク!」と
言って本番に臨みました。今回は人数も多かったので
ワイワイと楽しみながらいつもよりはリラックスして
できました。しかし、やはり相槌がうまくできず、
気づけば隣にいた手島さんの方がナチュラルな相槌を
していました。次週で最後なので後悔がないように、
相槌を自然にするにはどうすればいいかを勉強して
臨みたいと思います。私だけでなくリスナーの方々にも
楽しんでもらえるような放送を意識して頑張ります!
FMラジオ日記 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

2019.11.08 Friday 13:04
- | - | - | - | - |