九州アナセミのブログ!


福岡市のアナウンススクール
九州アナウンスセミナー(http://m-ship.jp/ )のブログです。
レッスンの様子やイベント、
アナウンサー受験に役立つ情報などを綴っています!

「田中い△訥度の緊張感が大切」

2019.01.27 Sunday 19:54

「田中ぁ,△訥度の緊張感は必要」

123日 LOVE/FM アシスタント日記

今月のアシスタントは、西南学院大学3年の田中聡です。

今日は、塩川さん、西ノ首さんが出演してくださいました。

 

【近況報告】

日本と外国の英語文化の違いを感じました。僕が受けている

英語の授業はアメリカの先生です。今日の英語のテストで、

問題文を自分で作るという問題に出くわしました。そのことに

かなり違和感を感じました。僕たちが高校まで習ってきた

英語は「答え」だけを求める英語だったので、問題文を作れと

いう問題を見た時に衝撃を受けました。日本の先生とアメリカの

先生が作る問題にもこのような違いがあることを学びました。

 

【ニュース&ウェザー】

「威嚇飛行」のニュースをお伝えしました。このニュースでは、

韓国側の発言に関してはより緊張感をもった伝え方が必要だと

感じました。また、読み方が単調にならないように、伝えるべき

ところは強調した読み方をしていきたいと感じました。

天気は可もなく不可もなくという感じでした。

 

【表彰、評価のツボ!】

・田中「フルマラソンの原点」

小学生の時に市内のマラソン大会で優勝しました。走ることが

嫌いだった僕はこれ以来走ることが好きになり、大学でも

フルマラソンに挑戦しました。今思えば、マラソン大会で

優勝したことがフルマラソン完走の原点だったのかもしれません。

 

・西ノ首さん「大好きなおばあちゃん」

小学生の時、作文で入選した時の題名が「大好きなおばあちゃん」。

西ノ首さんとおばあちゃんの心温まる話を聞いていると、

僕は2年前に亡くなった祖父のことを思い出しました。

「もう少し話したかったな」という後悔が残っているので、

西ノ首さんにもできる限りの会話を楽しんでもらいたいと思いました。

 

・塩川さん「原点」

「ひび割れ壺」という長い話を読み、人に感動を与えた経験から

アナウンスの勉強をするようになったという塩川さん。塩川さんの

読みを聞いて涙する人もいたくらい読み方が上手ということなので、

当時に戻って聞いてみたいと思いました。

 

・西ノ首さん「妹の存在」

習字の全国大会で賞を取ったこともある西ノ首さん。段が

近づいてくる妹に負けじと頑張っていたそうです。何かに

熱中する時は1人ではなくライバルがいるからこそ成長でき、

その成長速度も速くなると思います。僕は、アナセミにおいて

周りのメンバーもライバルだと思っています。それが自分を

成長させているのかもしれません。

 

・田中「字は丁寧に!」

小学生のとき硬筆で県入選になりました。この頃から字を丁寧に

書く習慣がついており、今のコンビニでのアルバイトにも

活きています。新商品名をシールに書く仕事を任せられるように

なりました。字が綺麗で損することはないと思います。

小学生の皆、習字をしましょう。

 

【まとめ】

今回は4回目で落ち着き過ぎていた部分があり、ダラダラした

雰囲気がありました。落ち着くことも大事ですが、緊張感も

持つべきだと感じました。話の内容の精度をあげないと

リスナーの心には響かないと感じました。自分が思う

おもしろいとリスナーが思うおもしろいは違うと感じたので、

しっかり話のオチを考えたいと思ました。

 

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

2019.04.18 Thursday 19:54
- | - | - | - | - |