九州アナセミのブログ!


福岡市のアナウンススクール
九州アナウンスセミナー(http://m-ship.jp/ )のブログです。
レッスンの様子やイベント、
アナウンサー受験に役立つ情報などを綴っています!

LOVE/FM日記「瀬尾ね遒礎紊い進薫狼い如?」

2018.08.27 Monday 00:58

8月22日 LOVE/FMアシスタント日記
今月のアシスタントは瀬尾です。
今日は西牟田さん、西ノ首さん、武田さんが
出演してくださいました。

【近況報告】
アジア競泳を見たお話をしました。どのレースも
僅差。100分の1秒の差を埋めるために日々努力を
しているんだなと思うと心にジーンときました。
はじめてLIVEでの放送で競泳を真剣に見たのですが、
まるで会場で見ているような臨場感がありました。
視聴者を惹きつけるための映像を取るための
様々な工夫があるそうです。次は放送する側に
意識をしてレースを見てみようと思います。

【日本語のツボ】
「蛙の子は蛙」所詮蛙の子は蛙だよ〜
蛙自体が凡人を意味しているそう。凡人の子は
凡人しか生まれないという意味ということ。
社長の子はすごい!さすが蛙の子は蛙ですね!
というように褒め言葉としてつかえないとの
ことです。調べてみると類語には「瓜の蔓に
茄子はならぬ」、「狐の子は面白」といった
言葉があるそうです。

【ニュース&ウェザー】
お天気は台風の影響で風がいろいろと変化して、
読みにくい原稿になっているとのことでした。
どこで間をあけるかによって意味が伝わらない
こともあるので、ニュースを理解して読むことを
大切にしていきたいと思います。

【花火のつぼ】
「西牟田さん」
吉野ヶ里の花火大会は秋に行われるそう。
卑弥呼でも有名な吉野ヶ里町。3メートル以上の
飾り火がオープ二ングに登場し、竹灯籠も会場を
照らしてくれるそう。クライマックスには花火が
打ちあがり、その風景がとても幻想的だそうです。
調べてみるとこの火祭りは平成10年から始まり、
毎年10月下旬に行われているそうです。
一度行ってみたいですね。

「西ノ首さん」
小学生6年生の時に鮮明に覚えている花火の想い出。
当時の6年生を担当していた先生方が特別に
小学校の校庭の真ん中で、本格的な花火を
うちあげてくれたお話をされました。
今は行われていないそうです。たった一度の
学びやでの花火大会。思い出すとほっこりした
気持ちになるとのことでした。

「瀬尾」
留学した中国内モンゴルでのは花火の思い出。
旧正月の午前0時。田舎の友人の家から360度
花火が打ちあがる光景がありました。個人宅で
各々打ち上げているそうで、花火に10万円ほど
かけるとのことでした。次の日街は花火独特の
においや煙に包まれ、爆竹の音はずっと
鳴っていました。

「武田さん」
一番楽しかった花火の思い出。留学したアメリカ
テキサスで見た花火は花火だけでなく周りの
人たちに圧倒されたそう。市街地では日本では
走行車から身を乗り出している人がいたり、
派手な格好をしたり・・・。花火が上がるたびに
歓声もあがり盛り上がっいたそうです。
まさに、FESTIBAL

【まとめ】
今日は4回目のアシスタントでした。見学者が
多かったので少し緊張するかなと思いましたが、
オンエアが始まると一緒に出演したことのある
メンバーだったので安心して楽しんで臨むことが
できました。次はラストのアシスタント。
気を引き締めて頑張ります!

 

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

2018.09.22 Saturday 00:58
- | - | - | - | - |