九州アナセミのブログ!


福岡市のアナウンススクール
九州アナウンスセミナー(http://m-ship.jp/ )のブログです。
レッスンの様子やイベント、
アナウンサー受験に役立つ情報などを綴っています!

LOVE/FM日記「西ノ首緊張と対峙!」

2018.10.14 Sunday 23:44

10月10日
LOVE/FMアシスタント日記
今月のアシスタントは福岡大学 3年
西ノ首百香です。今日は、OGの永島さん、
手嶋さん、が出演してくださいました。

【近況報告】
普段から歩いたり散歩するのは好きなのですが、
大学生になってからついイヤフォンをつけて歩く
ことが多くなってしましました。しかし、先日
イヤフォンを忘れて久しぶりに音楽を聴かずに
歩きました。そこで改めて感じたのは五感で
季節を感じながら歩く楽しさです。やはり歩く
醍醐味は空気や季節を感じながら歩くこと
ですよね。涼しくなって一番歩きやすい時期
なのかなと思います!改めて五感で感じる散歩を
楽しみたいと思います。

【OGレポート】
OGの永島さんがアルバイトの焼肉屋さんで
働くようになって、知識がたくさん増えたという
ことでクイズを出してくれました。
まず「ランプ」とはどの部位でしょうという
問題で、なんと1発目で当たってしまって
正解は「おしり」だそうです!脂身が少なくて
食べやすいそうなので食べてみようと思います。
2問目は「ロースはどの調理法が美味しい?」
という問題で、これもまた1発目て当てて
しまいました!正解はもちろん「焼く」
ことでした!なぜかというとロースという語源は
焼くというところにあるかららしいです!
3問目は「和牛と国産牛の違い」でした。和牛は
生まれてからずっと日本にいる牛で、国産牛は
半分以上日本にいる牛のことだそうです。
今日は少し焼肉の知識が増えたので今後焼肉を
食べる時は参考にしたいと思います。
ありがとうございました!

【ニュース&ウェザー】
今日の反省は「就職問題懇談会」というところを
噛んでしまったことです。また気づいてたのに
やりなおさなかったのは本当に反省してます。
「就職問題懇談会」はまだ新しい言葉で
イントネーションが確立されていないので、
これからどういう風に確立されていくか注目
しつつニュースを読んでいきたいと思います。

【山、ハイキングのツボ】
「手嶋さん」
手嶋さんは幼稚園の時極度の恥ずかしがり屋
だったらしく、運動会で顔を隠せるからと
いう理由でポンポンを選んだそうです。でも
思ったより隠れなくて恥ずかしかったという
エピソード話してくれました。とても可愛い
ですね!今でも恥ずかしいことがあると
ポンポンで顔を隠したくなるそうです。

「植本さん」
植本さんは少林寺拳法で県大会優勝をした
すごい話をしてくださいました。大学生で
始めた少林寺拳法は、鏡の自分と対峙して
練習をするのがきつかったそうです。約2年半
くらいなのに、県大会優勝は本当にすごいです!
この経験から目標に向かって頑張る力がついた
という植本さんは今大きな目標であるアナへ向
けて頑張っています。一緒に頑張りましょう。

「永島さん」
永島さんは運動音痴で運動は苦手だそう
なんですが、持久走だけは得意なんだそうです。
なぜかというと当時身長が高く子供用の
自転車に乗るのが恥ずかしくてみんなが
自転車でこいでいく横を走っていたから
出そうです。そのおかげで市の800メートル走の
代表までなったそうです!すごい!

「西ノ首」
私は中学校の忘れられない体育祭の話を
しました。練習では何度やってもできなかった
組体操の最後の3つのタワー「栄光の架け橋」
はなんと最後の当日にできました。本当に
感動して涙を流しました。こんな風に練習では
うまくいかなかったのに、本番では成功する
こと皆さんも経験したことあるのでは?と
思います。きっとこの体育祭は観客の応援と
仲間を最後まで信じ続ける心で成功したのかな
と考えます。なんで本番うまく
いったんだろう?と考えて見ると大切なことが
見つかる気がします!

【まとめ】
2回目のアシスタントが終わりました。1回目より
準備を入念にと思いながら迎えた本番でしたが、
どうしても緊張してふわふわ浮いた状態に
なっていました。もっとこうできたのにと
反省することばかりです。私はやっぱり本番に
弱いのだなと思いながら、完璧を目指したり
読むことを意識せずに、「リスナーさんたちに
届ける」という心を1番意識して3回目は臨みたいと
思います。また3周目もよろしくお願いします!

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「西ノ首➀凄い緊張感、天衣無縫を目指します!」

2018.10.06 Saturday 11:11

10月3日LOVE/FMアシスタント実習日記
今月のアシスタントは福岡大学 3年 西ノ首百香です。

今日は田中君、須賀さん、中村さんが出演して

くださいました。

【近況報告】
10月1日に誕生日を祝ってくれた友達の話をしました。

その友達は今カナダのトロントに留学に行っていて、わざわざ

海外から手紙を書いて送ってくれました。まさかのサプライズ

だったのですごく驚いて嬉しかったです。手紙にはその子が

今頑張ってることが書いてあり、私も負けないようにもっと

頑張ろうという気持ちになりました。手紙を書くことが

少なくなっている今、こうして海外からわざわざ

手紙を送ってくれた友達にとっても胸が温かくなりました。

【日本語のツボ】
「天衣無縫」意味は天真爛漫と同意語なんだとか。天女の着物には

縫目がないことから、技巧などがなく自然なさまを連想したそうです。

使い方は、性格や行動がとても自然で飾ったり取り繕ったりして

ない人に「あの人は天衣無縫な人柄だね」などというそうです。

私も言われたいです。


【ニュース&ウェザー】
トップニュースを読ませて頂いたのですが、上がってしまって

全然きちんと読めませんでした。「は」は伸ばさず短く、見込みの

イントネーションに気をつけて、間をうまく取ることなど課題が

たくさんあります。そして台風のニュースだったので、緊張感を

持ちつつ分かりやすく読むことが大切でした。次は相手に

伝えようとする気持ちを大切に落ち着いて読みたいと思います。


【山、ハイキングのツボ】
「田中くん」
中学2年生の時、地元の大牟田にある甘木山を走った

そうです。山登りの最大の楽しみは景色を見ることだと私は思って

いるのですが、なんと走るのに疲れてしまった田中くんは景色を見

逃したそうなんです。もったいない。でも、それを挽回しようと今度

秋の紅葉を見に行く見たいです。見に行ったらまたそのお話

聞きたいと思います!


「中村さん」中学生の時、遠行というのがあって片道3時間も

かかる道を歩くことをしたそうです。中村さんはマシンガントークが

得意だそうで、3時間歩くのは長くて何もすることがないので、入った

ものに気持ちをアテレコしながら歩いたそうです。いや、3時間も

話し続けるなんて本当にすごいですよね!周りの友達も楽しんで

くれて、楽しく遠行ができたそうです。


「須賀さん」高校入学して、イベントで九重山に登ったそうなのですが、

その時の服装が学校指定の体操服か自分のジャージを選べたそうです。

須賀さんは学校指定のジャージを着ていったのですが、なんと周りは

みんな自分のジャージですごく目立ってしまいました!ですが、それが

功を成して先生の目印になり、人数確認に役立ったという面白い経験を

話してくださいました。


「西ノ首」わたしは幼い頃から週末定期的に山登りをしていた

話をしました。大学では全然運動はしていないものの、小さい時は

とってもアクティブで、自然っ子だったんです。100以上の山は

登っているはずです!!山登りのお陰でわたしは自然に生えている

食材を見つけるのがすこし得意になりました。フキやゼンマイ、

つくしなどどれか美味しいのかはだいたいわかります。自然と

触れ合うことがだんだん少なくなってきていますが、後代にも

しっかり残していきたいものです。


【まとめ】
初めてのアシスタントはすごく緊張しました。もともとすぐ

舌足らずといいますか、ハキハキ話すほうではないので、

ニュースでも他のトークでもそこが出てしまいました。また相づちも

「はい」が多くてレパートリーの少なさに落ち込みました。次は、

もっとハキハキと話すことを意識しながら、緊張しないように入念に

準備したいと思います。皆さんに分かりやすく楽しい時間を提供

できるように頑張ります。次回はニュース読みを課題に掲げて

頑張りますので、ぜひ聞いてください。


 

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「武田ず埜紊縫縫紂璽后読めました!」

2018.09.29 Saturday 10:03

LOVE・FM「話のツボ!」
9月26日のアシスタント日記

今月のアシスタントは武田です。
今日は河野さん、西牟田さん、中村さん、
手島さん、和泉さん、西ノ首さんが出演
してくださいました。

【近況報告】
二週間ほど前から、新たな習慣を身につけました!
その習慣とは、「毎日1時間以上歩く!」という
ものです。大学生になり、風邪をひきやすくなった
ため体を強くするためや運動不足の解消を目的に
始めました。秋は気候もとても気持ちよく、
ウォーキングにはぴったりなので、靴も新調して
はりきっています。

【アナセミレポート】
前回に引き続き、中村さんのベトナムリポート
でした!今回は、ベトナムのグルメリポートと
いうことで、中村さんが最初に紹介して
くださったのは、ベトナムのサンドイッチ
「バイン・ミー」。歴史的にフランスの文化が
根付いているベトナム。フランスパンのなかに
野菜をふんだんに使った具材と、パクチーを
はじめとする香草、そして豚肉を挟んだもので、
街のあらゆるところに売ってあるとのこと。
また、コーヒーが苦手な中村さんは、ベトナム
コーヒーはなぜか飲むことができたそうで、
その理由は砂糖の代わりに練乳が使われている
からと教えてくださいました!

中村さんが四日間で学ばれたことは、
「違う環境に一人で飛び込んでみることの
大切さ」だそうです。ベトナムリポートは、
中村さんの豊かな情景描写力、観察力がとても
光っていて、ご自身の成長もとても伝わって
きました。中村さん、2週にわたるリポート、
ありがとうございました!

【ニュース&ウェザー】
河野さんがトップニュースを読んでください
ましたが、やはり久しぶりで緊張されたと
いうことでした。声の太さで緊張しているか
どうかが分かる、と丸田先生はおっしゃって
いました。
個人的なことになりますが、
4回目にして初めてミスなくわかりやすく
原稿読みができました。聞いている
リスナーの方の頭にすっと内容が入って
いくように、発声練習含め練習して
いきたいと思います。

【パソコン、キーボードのツボ】
「武田」私はノートパソコン使用中に大失敗
してしまったんです。自宅で自分のノート
パソコンを使い、大学の期末レポートを作成
していましたのですが、レポート作成最終
段階に入ったとき、キーボードに水をこぼして
しまったんです!結局、キーボードは操作
不能になり、ノートパソコン自体を
買い換える羽目に…。
それ以来、キーボードの管理には人一倍敏感に
なった私は、様々な種類のキーボード用掃除
グッズを買い、毎日綺麗に掃除しています。
水をこぼしたことは単なる不注意で、
根本的な解決にはなっていないのは、
ひとまず置いておきます。

「和泉さん」大学入学後、お姉様とパソコンを
共用されていた和泉さん。ある日、お姉様の
不在中、大学の課題をするためパソコンを
起動しようとしたところ、パスワード設定が
されていたそうです。お姉様の誕生日や名前
など思いつくものを入力してもロック解除
できず、少し怒りながらお姉様にパスワードを
尋ねたそうです。
すると、なんとパスワードが和泉さんの
お名前である、「こなつ」になっていたそうで、
一気にお姉様の思いやりを感じて反省された
とのことでした。お姉様の優しさが感じられる
ほっこりとしたエピソードでした。

「河野さん」小学二年生の時に、ご両親から
子供用のパソコンをクリスマスプレゼントと
してリクエストし、買ってもらったそうです。
そのパソコンが脳トレ機能搭載されたもので、
キャラクターが色々と出てきたり、
キャラクターにメールが送れたりとハイテクな
ものだったそうです。脳トレ機能のおかげで、
河野さんは小学校の百ます計算も見事百点
だったとのこと。さすが河野さん、しっかりと
した小学二年生だったのですね。

「手島さん」手島さんは、ご友人とSNS等で
やり取りをする際、絵文字を使わないという
流儀をお持ちだとか。というのは、絵文字が
実際の自分の感情に対してオーバーアクションに
感じてしまうため、敬意を込めて絵文字を
使わないことにしているそうです。ですが、
その一方で絵文字を全く使わないと、最近は
学生同士のやりとりで多くの絵文字が溢れて
いますが、相手のことを思いやる礼儀正しい
手島さんならではのこだわりですね。

「西牟田さん」中学生の時に専門学校の高校の
体験学習で、電子オルゴール制作をしたことが
入学のきっかけだったそうです。エクセルに
あらかじめ組み込まれた音を、キーボードに
入力し、オルゴールに転送することで音を
作り出すというなんとも面白く、高度な技術を
体験された西牟田さん。それを機に物作りの
楽しさを感じ、電子系の専門学校に
入学されたそうです。

【まとめ】
今回は、普段アナウンスセミナーで顔を
合わせる出演者の方々が多かったので、とても
盛り上がり、スタジオ内も楽しい雰囲気で
お話が出来ました。
その反面、お互いが技術面やラジオ出演での
ネタ等で切磋琢磨しながら刺激を受け、そこから
見つけた自分の課題がモチベーションに変わる、
大切な機会だと感じました。
1ヶ月間のアシスタントを務めさせていただき、
リスナーの方にいかにわかりやすく、そして
興味深く伝えるかの難しさと、やはり自分は
「自分の声で、自分の言葉で話す」のが好きだと
いうことを改めて実感しました。

リスナーの皆様をはじめ、スタジオの外から
応援してくださった方々、1ヶ月間、お付き合い
いただきありがとうございました。

追伸〜集合写真では秋を感じさせる
辛子色や薄茶色の服が揃いました!

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「武田A澗里龍気をつかめました!」

2018.09.22 Saturday 00:42

LOVE・FM「話のツボ!」

9月19日のアシスタント日記
 

今月のアシスタントは武田です。

今日は西牟田さん、中村さん、田中くんが

出演してくださいました。

【近況報告】
最近、健康的な食事に夢中です!

特に私がからだの良い変化を実感したのが玄米でした!

もともと玄米は硬い感触が苦手な私でしたが、今では

その噛み応えのある食感とほろ苦くて香ばしい風味に

病みつきになりました。玄米は白米よりも良く噛むように

なるので、それも健康につながるのではないか!?

と期待しています。

【アナセミレポート】

ラジオ初出演の中村さんがベトナムリポートをしてくださいました!

中村さんはベトナムに四日間、それも一人で行ってきたそうです。

ベトナムでの中村さんの印象は「とにかく元気」で、その理由として

中村さんが考えたのは次の二つでした。「若者が多いこと」と

「自由であること」です、と話してくださいました。街並みだけでなく、

人々の様子が何もかも日本とは違う様子にたくさんの刺激を受けた中村さん。

来週のベトナムリポート後半も、一体どんなお話を

聞けるのかとても楽しみです。

  

【ニュース&ウェザー】
今日は初めての出演が2人でしたが、
初めてとは思えない聞きやすさと安定感でした。

私は、初めてニュースと天気予報を両方読ませていただき、

ニュースとニュースの間の取り方の難しさを実感しました。


【飛行機のツボ】

「田中くん」田中くんは修学旅行で乗った飛行機が着陸する際、

飛行機搭乗が初体験だったということで感極まり、

拍手をしてしまったことがあったそうです。

ですが、実が着陸時の拍手はタブーとされているということを知り、

その後は、心の中で感謝を込めて着陸後に客室乗務員の方や

運転士の方にお礼をすることに変えたということでした。

とても紳士な田中くんのお話でした。

 

「西牟田さん」

西牟田さんは毎回飛行機に乗る際には、

お母様からもらった赤いサンゴのネックレスを身につけて

いるとのこと。赤いサンゴには「女性の守り神」という意味合いが

あるそうで、西牟田さんは離陸時に必ずそのネックレスを

ギュッと握ってフライトの安全を祈るそうです。

 

「中村さん」
機内食を食べている時に、突然上から水が滴ってきたそうで、

客室乗務員の方が調べて下さったところ、

他の乗客の水筒の水だったとのこと。

ですが、ほっとしたのもつかの間、中村さんの後ろから

ゴボゴボという音とともに足元に違和感が・・・。なんと

後ろの乗客が酔いで嘔吐してしまったのだとか。上からも下からも

水と吐瀉物で濡れてしまった災難、動じない中村さんはさすがです。

「武田」

私は、去年アメリカに行く飛行機の中で、同じ映画を

6回も観た経験があります。その映画というのが、

日本で話題になっていた最中の「美女と野獣」の実写版でした。

二ヶ月間の留学行きの飛行機だったので、英語力をとにかく高めようと、

現地に着く前から台詞を覚えて勉強する意気込みだったのだと思います。

「結局、覚えたセリフは使えたのですか?」というご質問に関しては、

ラブストーリーだったため、残念ながら使う機会はありませんでした、

というオチになりました。

 

【まとめ】

今回は、アシスタント含めて四人という

比較的少ない人数でしたが、出演者の皆さんがそれぞれ

しっかりと役割をこなし、トークも盛り上げてくださったので

とても充実した回でした。

私自身は、相槌やコメントの課題に関しては意識できましたが、

やはり滑舌や読み間違いがあったので、「とにかく練習!」で

頑張りたいと思います。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「武田▲好織献全体を意識すること。。。」

2018.09.17 Monday 23:47

 

LOVE/FM「話しのツボ!」
アシスタト9月12日アシスタト反省記
【近況報告】

先週、インタ−ンシップで長崎に行ってきました!

インターン終了後、ふと長崎の神社に行ってみたいと思い、

街歩きをしながら長崎市の鎮西大社諏訪神社と

八坂神社を参拝しました。長い石段を登り本殿に着くと、

空気がとても澄んでいて凛とした爽やかさがあり、

心がとてもリフレッシュされ、なんだかパワーをもらえました。

これから秋になり、秋風も気持ちよくなるので、

新たな趣味として神社めぐりを加えたいと思います。

 

初めての原稿読みで緊張したということでしたが、
武田が原稿読みでした。松崎さんは
手島さん、西ノ首さん、間世田さん、松崎さん、
【ニュース&ウェザー】

ご自身のご出身である長崎県の天気の読みが

とても伝わりやすい一番良い読みでした。

 

【マラソン・陸上のツボ!】

「間世田さん」

小学校で、朝に裸足で校庭を走る「うずまき運動」
なるものがあったとのこと。

冬は凍るような寒さの中、石ころを踏んだ時には

とてつもない痛さだったそう。

珍しい鍛錬行事かと思いきや、今回の出演者の半数以上は

経験があるようで驚きでした!


「西ノ首さん」

西ノ首さんのご家族は「マラソン家族」と称されるほど、

様々なマラソン大会に参加されていたそうです。

もともとはお父様が健康のためにはじめられたことがきっかけで

ご家族全員が走ることにハマったとのこと。

休日には皆さんでグラウンドに練習に行ったり、

トレーニングされていたりと本格的だったそう。

団結力のあるご家族です!!

 

「手島さん」

西南学院大学の陸上部のマネージャーをされている手島さんは、

最近ある特技を持っていることに気づいたそうです。

それは、100分の1秒がぴったり当てられること!!

大会で緻密な計測を経験されているため、その際

ぴったりとタイミングを合わせるご自身の工夫が

活きたとのこと。部活内では「機械人間」と呼ばれているようです。

普段の生活でも活用できそうですね!

 

高校生の時、部員数60人以上いる陸上部のマネージャーを
「松崎さん」

されていた松崎さん。インターハイに行くほどの実力ある部活

だったらしく、サポートがなかなか大変だったそうです。

夏合宿では、部員全員の食事準備の役割があり、

特に炊飯は時間や水の量の配分は難しく、もうしたくないと

おっしゃっていましたが、松崎さんの一生懸命なマネージャー姿が

目に浮かぶいいネタでした!


小学生の頃からリレーや短距離協議には自信があり、
「武田」

好きな種目でした。

そんな私が、毎年運動会前日になると必ず同じ経験をします。

それは「足が遅くなり、全然前に進めない」と言う

夢を見ることです。実際の結果はいつも良いものになるので、

中学生の頃から「あの夢を見たら本番は速く走れる!」と言

ジンクスになっていました。

 

【まとめ】
今日は、女性5人で全体的に声出しの時から、ふんわりとした

雰囲気でしたが、本番ではそれぞれのトークに笑顔になったり、

盛り上がったりと活気のある雰囲気でした。

スタジオの様子は、声を通してリスナーの皆様に伝わる

ので、出演者全員でより楽しく元気なラジオにして

いきたいと思いました。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「武田―蕾鵑ら初対面の試練が!」

2018.09.10 Monday 01:03

LOVE・FM「話のツボ!」
9月5日のアシスタント日記

今月のアシスタントは武田です。
今日は「福大スペシャル」で福岡大学の
アナウンス基礎講座生の7名の方々が
出演してくださいました!

【自己紹介】
経済学部 田尻さん:アナウンサーの基本、
腹式呼吸を習得すべく、合唱部へ入部しました!

人文学部 佐々木さん:餃子が美味しい栃木
生まれ。Twiceのダンスにハマっています!

法学部 川本さん:広島県出身。食欲の秋は、
体型を気にせず美味しいものをたくさん
食べたいです!

人文学部 金子さん:動物が大好きで、犬と6
0歳を超えるカメを実家で飼っています!将来は、
アライグマを飼ってみたいです!

法学部 赤尾さん:ダイエット目的で始めた
ボクシングは、気分転換にもなって楽しいです!

法学部 野田さん:陸上サークルで、長距離を
どんどん走ってダイエットしたいです!

法学部 豊岡さん:最近、読書に熱中しています!
「夜は短し、歩けよ乙女」を読んでいます。

【近況報告】
最近、よく韓国人の方に間違われます。
大学では、国際学生の友人から「韓国人かと
思った。」や、「日本語上手ですね!」と
言われたり、講義では、前の席に座っていた
日本人学生から英語で“Excuse me. Do you
have a charger?(充電器を持っていますか?)”と
聞かれたりします。

今年に入って韓国アイドルにはまり、容姿などを
真似していたからでしょうか?何にせよ、
周りからの予想外の評価が嬉しい出来事でした。

【ニュース&ウェザー】

今日は、佐々木さん、川本さん、野田さん、
武田が原稿読みでした。佐々木さんは、
初めてのラジオで緊張したということですが、
トップバッターにもかかわらず、落ち着いて
いてとても聞きやすかったです。

私は緊張してしまいミスが目立ちましたが、
丸田先生から「どこから読み間違えたかを
把握し、そこからきちんと読み直すことが
出来た。」と最大のフォローをしていただき、
次回で挽回しなければ、とさらに気が
引き締まりました。

【夏休みの宿題のつぼ Part2】
「武田」
小学三年生の夏休み最終日の夜、
寝る直前に絵画の宿題を終えていない
ことに気づき、大慌て。
眠い目をこすりながら、「夢の中の世界」
というテーマで森や恐竜の絵を描きました。
その時はとにかく終わらせようという一心
でしたが、その絵がまさかのコンクール入賞に。
三時間、図鑑や多くの絵の具を活用したことが
入賞の理由だったのでしょうか。

「豊岡さん」
夏休みといえば絵日記だという豊岡さん。
夏休み終わりにまとめてではなく、
夏休み初めに一ヶ月の予定を想定して
書き上げていたそうです。
想像と現実の夏休みは違ったまま絵日記を
提出したということでしたが、予定を
基にした「空想絵日記」も斬新で面白いですね。

「田尻さん」
小学三年生の頃、自由研究でメダカの生態
研究をしたそうです。メダカの水槽の水は、
カルキを抜いた水でなければならないところを、
あまり変わりないだろうと水道水をそのまま
使用してしまい、メダカたちが全員死んで
しまうという悲しい事件に…。
小学三年生にはショッキングな話ですが、
改めて生き物の繊細さと命の大切さを
実感する経験談でした。

「佐々木さん」
神奈川県に住んでいた幼少期に、ご両親の
ご実家がある栃木県まで帰省するための
走行中の車内で宿題をしていたことを話して
くださいました。プールや花火を思う存分
楽しむべく、計算ドリルや漢字ドリルを
揺れる車内で終わらせていたそうです。
今もその習慣は染みついているそうで、
飛行機や新幹線でも勉強や読書をされて
いるとのこと。時間を有効活用できる、
素晴らしい習慣で見習いたいです。

「豊岡さん◆

宿題でキリンの絵をお母様と一緒に書き
上げた際、豊岡さんは途中でだんだん
疲れてきてしまい、お母様と喧嘩になって
しまったそうです。そんな中、お母様が
キリンの絵を書き上げ、結果的に絵の9割が
お母様の作品となってしまいました。周りの
小学生が書いたキリンの中、リアルな
豊岡さんのキリンが目立っていたそうです。

【まとめ】
今日は、恒例の福大スペシャルで豪華な回で
あり、私自身の初アシスタントの回でした。

スタジオでは、緊張に加えて席の移動や
トークの振りがたくさんあったにもかかわらず、
出演者の皆さんは見事な団結力で終始
落ち着いた様子でした。リハーサルの真剣な
表情から一変し、本番での笑顔と活気あふれる
皆さんの姿が素晴らしかったです。

私自身は、原稿やコメントの言い間違い等の
ミスが目立ち、多くの反省と次回への課題が
残りました。色々なシチュエーションに臨機応変
・柔軟に対応することの大切さを学びました。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「瀬尾ソ室造裡飢鵝」

2018.09.03 Monday 08:09
LOVE・FM「話のツボ!」
8月29日のアシスタント日記
今月のアシスタントは瀬尾です。
今日は西牟田さん、河野さん、脇田さんが
出演してくださいました。
【近況報告】
先日予約3カ月待ちのお寿司屋さんに行ってきました。
職人さんが丁寧に握ってくださった一貫一貫はまるで宝石の
ようで幸せな気持ちになりました。15貫でひとり約30000円。
すぐに手が出せる価格ではないですが、いつかは両親をご馳走
できるようになりたいなと思います。
【レポート☆ユーチューバ―】
西牟田さんが知り合った学生ユーチューバ―の話をしてくれました。
現代の小学生に人気の職業でもあるユーチューバ―。15分の動画を
作るのに10時間もかかるとのことでしたが、テレビでは同じ
15分の企画でも3日かかるとのことでした。多くの人に見てもらう
ためにいろいろな努力があるんだなと改めて思いました。
【ニュース&ウェザー】
今日は初めての出演が2人でしたが、落ち着いて丁寧に読んでいる
印象でした。このアシスタントの期間に沢山原稿を頂いたので、
技術を磨くために練習していきたいです。
【夏休みの宿題のつぼ】
「瀬尾」

自由研究で貯金箱を作った思い出。レンガ造りの古時計風の貯金箱を

作りました。お金を出す穴を作るのを忘れてしまって、お金を

貯めたら割って使おうと思っていたのですが・・・。学校に提出して

飾っているとだんだんとレンガが取れていき、土台にした

牛乳パックの姿が露わに。形は無くなりましたが、

心に残る自由研究になりました。

 

「脇田さん」

絵画の思い出。絵を描くのが好きで5〜6枚作品を出していたそう。

割りばしの先を鉛筆のように削って墨汁をつけて下書きを

なぞっていたとのことでした。長崎の船を細かく書いたことで

南日本新聞社賞をもらったこともあり、入賞することが

次の作品に取り組む糧になっていたそうです。

絵心があるって素敵ですね。うらやましい限りです・・・

 

「間世田さん」

俳句の作成が一番好きだったそう。5・7・5のリズムが

たまらなかったそう。ああ、こんな夏だったな〜と

夏の終わりにしみじみと読んでいたそう。オンエアで

発表してくれた俳句、実はその当時のものではなかったことが

反省会で判明しました。先生から振られた時に頭が真っ白に

なったそうです。今度会った際に、この夏の渾身の

一句聞かせてほしいですね。

 

「河野さん」

絵日記の思い出
友人の絵日記を見て、河野さんの名前を間違えて覚えて
いたことが判明した話をしてくれました。少林寺拳法の
練習を一緒にしていた友人だそうで、4カ月もの間
「まゆこ」ちゃんを「まいこ」ちゃんと呼ばれていたとの
ことでした。今のニックネームが「まーこ」ちゃんになった
のもこのことがきっかけだそうです。甘酸っぱい思い出ですね。

 

【まとめ】

今日はアシスタント最後の回でした。本番を重ねるごとに

全体を見渡せる余裕ができて、心から楽しむことができました。

貴重な経験ができて感謝です。視聴者の皆さまお

付き合いありがとうございました。

 

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「瀬尾ね遒礎紊い進薫狼い如?」

2018.08.27 Monday 00:58

8月22日 LOVE/FMアシスタント日記
今月のアシスタントは瀬尾です。
今日は西牟田さん、西ノ首さん、武田さんが
出演してくださいました。

【近況報告】
アジア競泳を見たお話をしました。どのレースも
僅差。100分の1秒の差を埋めるために日々努力を
しているんだなと思うと心にジーンときました。
はじめてLIVEでの放送で競泳を真剣に見たのですが、
まるで会場で見ているような臨場感がありました。
視聴者を惹きつけるための映像を取るための
様々な工夫があるそうです。次は放送する側に
意識をしてレースを見てみようと思います。

【日本語のツボ】
「蛙の子は蛙」所詮蛙の子は蛙だよ〜
蛙自体が凡人を意味しているそう。凡人の子は
凡人しか生まれないという意味ということ。
社長の子はすごい!さすが蛙の子は蛙ですね!
というように褒め言葉としてつかえないとの
ことです。調べてみると類語には「瓜の蔓に
茄子はならぬ」、「狐の子は面白」といった
言葉があるそうです。

【ニュース&ウェザー】
お天気は台風の影響で風がいろいろと変化して、
読みにくい原稿になっているとのことでした。
どこで間をあけるかによって意味が伝わらない
こともあるので、ニュースを理解して読むことを
大切にしていきたいと思います。

【花火のつぼ】
「西牟田さん」
吉野ヶ里の花火大会は秋に行われるそう。
卑弥呼でも有名な吉野ヶ里町。3メートル以上の
飾り火がオープ二ングに登場し、竹灯籠も会場を
照らしてくれるそう。クライマックスには花火が
打ちあがり、その風景がとても幻想的だそうです。
調べてみるとこの火祭りは平成10年から始まり、
毎年10月下旬に行われているそうです。
一度行ってみたいですね。

「西ノ首さん」
小学生6年生の時に鮮明に覚えている花火の想い出。
当時の6年生を担当していた先生方が特別に
小学校の校庭の真ん中で、本格的な花火を
うちあげてくれたお話をされました。
今は行われていないそうです。たった一度の
学びやでの花火大会。思い出すとほっこりした
気持ちになるとのことでした。

「瀬尾」
留学した中国内モンゴルでのは花火の思い出。
旧正月の午前0時。田舎の友人の家から360度
花火が打ちあがる光景がありました。個人宅で
各々打ち上げているそうで、花火に10万円ほど
かけるとのことでした。次の日街は花火独特の
においや煙に包まれ、爆竹の音はずっと
鳴っていました。

「武田さん」
一番楽しかった花火の思い出。留学したアメリカ
テキサスで見た花火は花火だけでなく周りの
人たちに圧倒されたそう。市街地では日本では
走行車から身を乗り出している人がいたり、
派手な格好をしたり・・・。花火が上がるたびに
歓声もあがり盛り上がっいたそうです。
まさに、FESTIBAL

【まとめ】
今日は4回目のアシスタントでした。見学者が
多かったので少し緊張するかなと思いましたが、
オンエアが始まると一緒に出演したことのある
メンバーだったので安心して楽しんで臨むことが
できました。次はラストのアシスタント。
気を引き締めて頑張ります!

 

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「瀬尾社会人スペシャル!?」

2018.08.18 Saturday 10:57

LOVE・FM「話のツボ!」
8月15日のアシスタント日記

今月のアシスタントは瀬尾です。今日は
植本さん、OBの大園さんが出演して
くださいました。社会人のみの3人は新鮮!

【ゲストコーナー】
第1回伊都国俳句大会PR〜糸島市職員で
OBの大園さんをゲストに迎えました。
平成30年11月25日日曜日に糸島市立波多江
公民館で行われるそうです。5・7・5の
リズムにのせて言葉を磨くことができる俳句。
糸島市民だけでなくだれでも応募できるそうで、
記念すべき第1回のこの大会にぜひ参加して
ほしいとのことでした。

【近況報告】
関門海峡の花火大会に行ってきました!
6年ぶりに福岡から快速電車で行ってきました。
以前は人の多さに圧倒された印象が強かった
のですが、今回は椅子席で門司港と下関両方から
打ちあがる花火を涼しくゆっくり見ることが
できました。席料の2000円は、今回の
西日本豪雨の支援にも充てられるとのことで、
困った人の役にもちょっぴり立てたと思うと
良い気分で楽しめました。

【ニュース&ウェザー】
植本さんと二人でニュースを担当しました。
いつもより出演者が少なかったため、通常の
ニュースを2本と天気を読ませて頂きました。
公共放送で連続して異なるニュースを読む
機会はとても貴重でした。複式の発声でよりよい
声で伝えられるよう努めていきたいです。

【お盆のつぼ】
「お年玉」ならぬ「お盆玉」
植本さんのお盆のツボ。山梨県に本社のある、
紙製品や包装用品の製造販売をする会社が作った
造語だそうですが、郵便局がお盆玉袋を
販売したことで全国に広がっているそうです。
いまどきの子供さんはもらえる機会がひとつ増えて
いいな〜と羨ましいですが、大人は出費が増えて
大変ですね。あまり広がって欲しくないな〜。

「うなぎ」
OB大園さんのお盆のツボ。奥様の実家のある
柳川市でうなぎの蒸籠蒸しを食べてきたそうです。
奥様はよくご自宅でアナゴをよく出してくださる
そうですが、本場のウナギはとても美味しかった
とのことでした。お酒も進み楽しいお盆を
過ごされたそうです。残りの夏を元気に
乗り切るために、私もウナギをほおばりたいです。

「お餅もいろいろ」
瀬尾のお盆のツボ。祖母の住む大牟田では
13日の午前中と15日の夕方に仏壇にお団子を
備える伝統があるそうです。15日の団子は
丸いものと長細い棒状のものを作っていました。
棒状のものは、おご馳走を載せてあの世に
持ち帰ってもらうという意味があるそうです。
調べてみると地域によって団子の形や味なども
違うとのことで、面白いなと思いました。

【まとめ】
今回はいつもと違う流れだったのと、原稿の時間
配分を途中からかなりオーバーしていたので、
ツボや最後の締めの言葉を短くしなければ
いけないと思い焦りましたが、丸田先生がうまく
調整してくださり締めてくださいました。
ある程度は把握していたつもりでしたが、秒まで
意識できていなかったなと反省です。丸田先生に
頼りっきりにならず、次は電波時計を持参して
臨みたいと思います。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |

LOVE/FM日記「瀬尾➁会話を楽しめました!」

2018.08.12 Sunday 19:48

LOVE・FM「話のツボ!」
8月8日のアシスタント日記

今月のアシスタントは瀬尾です。
今日は三浦くん、西牟田さん、武田さんが
出演してくださいました。

【日本語のツボ】
「茶番」〜見えすいたばかばかしいこと〜
むかしむかし、芝居小屋ではお客さんにお茶を
出す駆け出しの芸人がいたそうです。その芸人さんが
芝居が始まる前に寸劇をやっていたのですが、
その芸の落ちが見え透いているという事から
「茶番」という言葉が生まれたそうです。

【近況報告】
大分県宇佐市にある岳切渓谷に行ってきました。
自然豊かな森の中にあり、耶馬渓溶岩の一枚岩の上を
澄んだ水が流れています。約2キロメートルある
清流の遊歩道では、沢歩きを楽しみました。
往復4キロ歩いたのですが水が足首までつかって
いたためか、汗もかかずとても気持ちが良かったです。
足と共に心も洗ってきました。ひとあし先に
夏休みを楽しんできました。

【ニュース&ウェザー】
三浦君、西牟田さん、武田さんが加わって
ニュースをお届けしました。武田さんは2回目の
天気予報担当だったそうですが、落ち着いて
きちんと読めて自信がついたようです。
ニュースチェック:警察は長音でケーサツと
読むのが正しい発音

【水のつぼ】
「歯の日」
\ト
ふとした瞬間に口元がきゅっと引き締まります。
小学生の頃、通学路で顔面からこけました。顔には
傷ひとつつかなかったのですが、右の前歯が
犠牲になりました。歯が欠けてしまい、ゆがんで
しまったのです。歯医者さんで補強してもらい
大事にはいたりませんでした。何もないところでも
つまずくことが多く、そのようなときは今でも
脊髄反射のように口元に力が入ります。
歯は一生もの。大切にしたいです。

武田さん
お父さんが歯科医!治療で納得がいかない場合は
離れて暮らすお父さんに相談するとのこと。
お父さんは30分ほどかけて毎日歯を磨いている
そうです。お母さんは1分くらいしか磨かないとの
ことでしたが、オンエアを聞いていたお母さんから
2分は磨いているよとフィードバックがあった
そうです。また実家の大分にいる時は、家にある
専門器具で、自分の歯をチェックしていたそう。
歯医者さん選びは難しいですよね。私も何か
あったら武田さんのお父様に診て頂きたいです。

三浦くん
乳歯を大切に保管!ゆうきの乳歯記録!
乳歯を修めるケースがあって大事に保管している
そう。全部で19本。1本だけ足りないのは、
保管するのに汚れを落とすために洗っていたら
流れてしまいお母さんからこっ酷く怒られたそう。
毎回歯が抜けると持って帰らないといけなくて、
本人にとっては面倒で価値を感じられなかった
そうですが、このラジオのトークでネタに
なったのでお母さんに感謝だと話していました。
お母様に幼いころから大切に育てられた
情景が浮かんできました。

だ礁凝弔気
家族の歯磨き粉のこだわり!
お父さんは昔から安定の塩の歯磨き粉。
健康重視のお母さんは重層の歯磨き粉。
西牟田さんはそう快感が楽しめるハーブの歯磨き粉。
家族で異なる歯磨きを使うとはとても面白いですね。
私もいろいろな味の歯磨き粉を試してみたいです。

【まとめ】
全体的に時間に余裕が持てて、丸田先生や出演者の
方々とのかけあいを楽しむことができました。
一番心に残ったのはやまと言葉のコーナーです。
「感動」という言葉ひとつとっても、いろいろな
表現の仕方があることを改めて確認できました。
ボキャブラリーを増やしてその情景が浮かぶような
言葉選びができるように精進したいと思います。

FMラジオ日記 | - | - | - | - |